スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Oracle の実行計画の取得方法

Oracleの実行計画(実行プラン)を取得すると、パフォーマンスチューニングに役立つ。
実行計画を取得するには、SQL*Plus などで、以下のようにSQL文を実行するだけで良い。



explain plan set statement_id = 'hoge' for
SELECT * FROM MY_TABLE;
select plan_table_output from table(dbms_xplan.display('plan_table', 'hoge', 'serial'));



つまり、自分のSQLの前後を特別なSQL文で挟めば良い。

上記の例ではテーブルの結合もしていないし、検索条件も全く無いため、実行計画を取得しても意味がない。
テーブルを複雑に結合するような場合には、実行計画の取得が役立つはずだ。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Oracle パフォーマンスチューニング

Oracle パフォーマンスチューニング oracle7でのパフォーマンスチューニングとしては最強だと思います。 本の分厚さも最強です! ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。