FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コマンドラインでVSS(Visual Source Safe)を実行する方法

コマンドラインでVSSを実行するには、あらかじめ、環境変数 SSDIR を設定しておく。
この変数には、srcsafe.ini のあるパス名(つまりVSSデータベースのパス名)を指定する。

そうすればVSSのコマンドライン版である、ss.exeコマンドが使える。
(適宜PATH環境変数もセットしておくこと)

例:
 ss status MyData.cpp -Yuser,pass

使用可能なコマンド一覧はこちら。
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc464534(VS.71).aspx
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。