スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Android] 開発環境のインストールとサンプル実行

iPhoneに比べると、Androidの開発環境の構築は面倒だ。

現時点で最も分かりやすい解説はこちらだ。
世界を目指せ!Androidアプリ開発入門:第2回 Androidアプリ開発のための環境構築|gihyo.jp … 技術評論社


■ざっくりとまとめると、以下の4つのモノをそれぞれ入手する必要がある。

1.Android SDK ... Android公式ページから入手
2.JDK ... Sunのページから入手
3.Eclipse ... Eclipse公式ページから入手
4.ADT(Android Development Tools) Eclipseプラグイン ... Googleから入手

上記サイトを参考に全モジュールダウンロード&設定完了までたっぷり1時間以上(2時間かも?)かかった。
ADTプラグインのインストールがかなり時間がかかったような気がする。


■サンプル実行

Android SDK のサンプル実行のためには、最初にAndroidのエミューレータの設定をする必要がある。
上記サイトを参考にサンプルをビルドしようとしたが、エミュレータの設定(仮想デバイスの作成)を
忘れていたため、なぞのエラーが出て困った。


■Androidエミュレータの起動が異常に遅い

エミュレータの画面自体は数秒程度で表示されるのだが、Androidのロゴマークが表示されたままで、
どのボタンを押しても全く反応がない。
環境設定をミスったかと思って、アチコチ調べたり再起動したみたりしたが、単に起動が遅かった
だけであった。
1分程度待ってみたら、ケータイ電話の画面に切り替わった...
(ちなみに私の環境は、Pentium4 3GHz、1GB RAM、XP という貧弱な環境ではあります)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。