スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[MacOSX] MacでMP3ファイルに変換する方法

OacOSX上で、iTunesを使って音楽CDのデータをMP3に変換する方法。

1) まずは通常どおりの方法でiTunesによって音楽CDを読み込んでおく。

2) iTunes の「iTunes」--「環境設定」メニューを選択する。

3) 環境設定画面が現れるので、画面上部の「一般」を選択する。

4) 「CDをセットした時の動作」欄の右側の「読み込み設定」ボタンを押す。

01.png

5) 読み込み設定画面が現れるので、「読み込み方法」欄を「MP3エンコーダ」に変更する。

02.png

6) OKしてiTunesメイン画面に戻る。

7) MP3に変換したい曲を選択して、右クリックメニューの「MP3バージョンを作成」メニューを選択する。

03.png

8) 選択した曲の上(又は下)に、同じ曲がコピーされ、MP3変換中であるプログレスバーが表示される。

9) 変換が完了するとプログレスバーが消える。これでMP3の出来上がり。
 同じ曲が2行表示されていて、どちらがMP3なのか分からない場合は、右クリックメニューの「情報を見る」メニューを選択して、「種類」欄を見れば良い。MP3に変換された方は種類がMP3になっているはず。

10) できあがったデータファイルは、<ユーザーhome>/Music/iTunes/iTunes Media/Music/Compilations の下あたりに存在するので、好きなところにコピーすれば良い。

11) 作業が完了したら、上記 5) の設定を元の「AACエンコーダ」に戻しておく。
スポンサーサイト

携帯キャリアの詐欺的な言質にはうんざりする

iPhone 3G を使っていたのだが、最近、ソフトバンクからSMSが来た。

実質無償機種変更キャンペーン、だそうな。

iPhone 3G/3GSを使っているヤツは、4/4Sへの機種を「実質無償」で機種変更が
できるという「ご案内」だ。

今回の乗り換えについては、特別に、24ヶ月の割賦代金が残っていてもそれを
新機種の代金として(ごく一部)相殺してやろう、というご提案らしい。


まあ、それは結構なことなのだが、そもそも「実質無料」とかそういった言い方が
ひどく腹立たしい。

もっと誰にでも分かり易い言い方が沢山あるはずなのに、
「可能な限り分かりにくい表現にして、可能な限り買い手を騙そう」
という意図が見え見えだから、だから腹が立つ。



もっと簡単に、こんなふうに表現すればいいと思うのだが、どうだろうか。

1) 端末代金は24分割のローンで支払っていただければOKですよん。
2) ただし、回線を24ヶ月継続して契約し続けてくれれば、
 なんと!! 端末代金はチャラにしちゃる。
3) 途中で解約するんなら、端末代金の残りを払えよヴォケ。

この表現では大して簡単になっていないかもしれないが、少なくとも、
「●●割引」とかそういった表現がなくなっている点で、すっきりして
いると思う。


結局、24ヶ月の回線代金の支払い契約によって、端末を含めて全ての
代金とする、という極めて単純なことになるはず。


月々の回線料金で全ての利益をまかなおうとしているわけなのに、
恩着せがましく「無料」や「割引」といった表現を用いて、買い手に
得でもないものを得であるかのように思わせて契約に持ち込もうという
手法が、実に詐欺的だと思う。

そんなことは分かっている、という人も多いとは思うが、このような
ことがいつまでもまかり通っているのは、どうにも不愉快だ。



うーん。
なんだか、秋葉原のクソ絵画サギと通ずるものを感じてきた。



ちなみに、今回のキャンペーンは、明らかに au 対策なので、(少なくとも
従来より)買い手に有利な条件であるのは分かるんだが。

やはり言い方がおかしいので腹立たしい。

Cookies.txt のファイルフォーマット

IEからCookieをエクスポートした時にできる、cookies.txtファイルのフォーマットについて調べた。
こちらは、元来 Netscape のフォーマットらしいので、いくつか情報が得られた。


The Unofficial Cookie FAQ
こちらのページの「3.5 What are all those entries in my cookies.txt file?」が役立った。

ここに書かれているとおり、IEのCookieとは異なり、時刻の表現は UNIX time である点に注意。
つまり、1970年1月1日0時0分0秒からの、「秒単位」での経過時間だ。

IEのCookieファイルフォーマット

IEのCookieファイルのフォーマットについて調べた。
ただし、index.datではなく、hoge@google.co[1].txt といったような、個々のCookieの内容が書かれているファイルについてだ。
ほとんど情報が無く、苦労したのでまとめておく。


ほとんど唯一の情報がこちらだ。
Wei's tips: Cookie file format of Internet explorer

Cookieファイルは単純なテキストになっており、ひとつのファイルに複数のCookieが記録されている。
Cookieひとつあたり、9行で構成されていて、各行はそれぞれ以下の意味を持つ。

1.Cookie name
2.Cookie value
3.Host/path for the web server setting the cookie
4.Flags
5.Exirpation time (low)
6.Expiration time (high)
7.Creation time (low)
8.Creation time (high)
9.Record delimiter (*)

"Flag"の意味はまだ分からない。
単純なビットフラグのようであるが、後ほど調べたい。

また、"Record delimiter"の意味も不明だ。

5-8 までの時刻は、Win32 の FILETIME構造体と同じ表現であることが分かった。
つまり 1601年1月1日0時0分0秒 からの経過時間を 100ナノ秒 単位で計ったもの。

例えばこれを、.NET Framework の DateTime に変換したい場合は注意が必要だ。
DateTime のコンストラクタのひとつに、int64をひとつ取るものがあるが、
これは、西暦1年1月1日0時0分0秒 からの 100ナノ秒単位の経過時間である。
両者の単位は同じ 100ナノ秒 なのだが、開始点が異なる。
この、開始点の差は 504911556000000000(100ナノ秒単位)なので、FILETIMEから
DateTimeに変換するには以下のようにする。
(long lTimeHigh, lTimeLow は定義済みであるものとする)

DateTime dt = new DateTime((lTimeHigh << 32) | lTimeLow) + 504911556000000000);

Windows 7 でIEの一時ファイルを見る方法

Windows XP では、エクスプローラによってIEの一時ファイルを見ることができた。
Vistaでどうだったかは分からないのだが、XPでは見ることができた。

Windows 7 では、それを見ることができない。

で、色々調べたところ、次のような簡単な方法で見ることができた。

 IEを起動する時に、「管理者として実行」する。

これで、エクスプローラで一時ファイルを見ることができる。

画面下部のタスクバーアイコンを右クリックしても、「管理者として実行」メニューが出てこないので、スタートメニューから起動しないといけないのが面倒である。

その場合は、デスクトップにショートカットを作っておけばよいと思う。
スタートメニューのIEメニューを、Altキーを押しながらドラッグし、デスクトップにドロップすればショートカットができる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。