スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ODP.NETの公式マニュアルページ

ODP.NETの公式マニュアルページはこちら。


Oracle Data Provider for .NET開発者ガイド
10g リリース2(10.2.0.2)
http://otndnld.oracle.co.jp/document/products/oracle10g/102/windows/B31247-01/toc.htm

スポンサーサイト

Oracle JDeveloper でJava+PL/SQLのソースコードレベルデバッグができる

Oracle JDeveloper という開発環境を使うことによって、
Java+PL/SQLのソースコードレベルデバッグができるらしい。

詳細は以下のページで。


PL/SQLとJavaの強力な連携開発手法
JavaからのPL/SQLの呼び出しとシームレス・デバッグ
http://otndnld.oracle.co.jp/products/jdev/htdocs/PLSQL/DevelopingPLSQL.html

Oracle の実行計画の取得方法

Oracleの実行計画(実行プラン)を取得すると、パフォーマンスチューニングに役立つ。
実行計画を取得するには、SQL*Plus などで、以下のようにSQL文を実行するだけで良い。



explain plan set statement_id = 'hoge' for
SELECT * FROM MY_TABLE;
select plan_table_output from table(dbms_xplan.display('plan_table', 'hoge', 'serial'));



つまり、自分のSQLの前後を特別なSQL文で挟めば良い。

上記の例ではテーブルの結合もしていないし、検索条件も全く無いため、実行計画を取得しても意味がない。
テーブルを複雑に結合するような場合には、実行計画の取得が役立つはずだ。

Oracle Data Access Component を使ってVB.NETからOracleにアクセスする方法

Oracle Data Access Component(ODAC)を使うと、とても簡単にVB.NETやC#.NETからOracleにアクセスすることができる。

とりあえず試してみるには、VBで適当なフォームプロジェクトを作り、ボタンを一つ置いて以下のコードを追加すれば良い。

もちろんその前に、ODACをインストールしなければならないのだが。



Imports System.Data
Imports Oracle.DataAccess.Client ' ODP.NET Oracle managed provider
Imports Oracle.DataAccess.Types

・・・中略・・・

Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click
Dim oradb As String = "Data Source=Hoge;User Id=hogeuser;Password=hogepass;"
Dim conn As New OracleConnection(oradb)
conn.Open()

DoCommand(conn, "create table HOGE_TABLE ( HOGE_CD VARCHAR2(10), HOGE_NM VARCHAR2(10))")
DoCommand(conn, "ALTER TABLE HOGE_TABLE ADD CONSTRAINT HOGE_TABLE_PK PRIMARY KEY (HOGE_CD) Using INDEX")
DoCommand(conn, "insert into HOGE_TABLE (HOGE_CD, HOGE_NM) values ('001','ほげ')")
'ここで一意制約違反のエラーになるはず
DoCommand(conn, "insert into HOGE_TABLE (HOGE_CD, HOGE_NM) values ('001','ほげ')")

conn.Dispose()

End Sub

Private Function DoCommand(ByRef conn As OracleConnection, ByVal strCommand As String) As Boolean

Dim cmd As New OracleCommand
cmd.Connection = conn
cmd.CommandText = strCommand
cmd.CommandType = CommandType.Text
Dim dr As OracleDataReader = Nothing
Try
dr = cmd.ExecuteReader()
Catch ex As Exception
MsgBox(ex.Message)
Return False
End Try

Return True

End Function


OracleのSQLパフォーマンス情報を得る方法

SQL*Plus のAUTOTRACE機能を使うと、とりあえずお手軽にパフォーマンス関連情報が得られる。

元ネタサイトはこちら。
http://www.atmarkit.co.jp/fdb/rensai/orasql05/orasql05_4.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。