スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CentOS6 + apache 外部からアクセスできん!!

Windows7 + VMWare Player + CentOS 6.2 の環境を作ろうと思ったのだが...
ホストOS(Win7)から、CentOSのApacheにアクセスできん!!

散々調べて、色々試してみたところ、
vi /etc/sysconfig/iptables
で、
-A INPUT -p tcp --dport 80 -j ACCEPT
という行を追加するのが正解だった...orz

その前に、iptablesを停止してみたところ、あっさりアクセスできたので、iptablesの設定が
間違っているのだろうというのは、ほぼ確信していたのだが、
-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 80 -j ACCEPT
と書けとか、嘘ばっかり書いているエントリがあったりして、すっかりはまってしまった。


vi /etc/sysconfig/iptables
-A INPUT -p tcp --dport 80 -j ACCEPT
で良い。
スポンサーサイト

Windows + VMWare + CentOS6 環境構築

久しぶりにLinux環境を作ろうと思ったのだが、以前行った時とバージョンが違っているせいか、少々戸惑ったのでメモ。

●環境
Windows 7
WMWare Player 4.0.2
CentOS 6.2

●VMWare Player のダウンロードとインストール
これは特に問題なかった。
前回と同様、オフィシャルサイトのダウンロードページから「WMWare Player」をダウンロードして、インストーラに従ってなんとなくインストールできた。
仮想マシンの作成も簡単だった。
前回同様、空のマシンを作って、後でCentOSを入れる方法を採った。

●CentOSのインストール
前回は CentOS 5.x だったのだが、いつの間にか 6.2 が最新になっていたため、ちょっと勝手が違った。
最初にインストールした時は、何故かX-WindowなどGUI関連の機能を選択する画面が出ず、CUIのみの状態でインストールが完了してしまった。
仮想マシンを一旦削除したり、VMWare自体まで再インストールしたりした。

こちら↓が非常に参考になった。
Cent OS バージョン 6.0 のインストールと設定

●CentOSからインターネットへのアクセス
上記のとおりインストールしてみたところ、インターネットにアクセスできなかった。

こちら↓のページを参考にさせていただいた。
VMware Player のネットワーク設定 - Techlib
VMWare Playerのネットワークの設定で、「ブリッジ」にしてしまうのが簡単でよさそう、ということだ。

WVMWareの設定はこれで良いのだが、CentOSの設定も変える必要があった。
1.CentOSのメニュー「システム」---「設定」---「ネットワーク」を選ぶ。
2.ネットワーク接続画面が出るので、「追加」ボタンを押す。
3.「有線」のタブで「自動接続する」チェックボックスをチェックして、他の入力欄は空のままで「適用」ボタンを押す。

これで、CentOS側からインターネットにアクセスできるようになった。



ちなみに、VMWareのネットワーク設定における、「ブリッジ」「NAT」「HostOnly」がどういう意味なのか、については、
こちら↓のページが非常に参考になった。
VMwareの仮想ネットワークの種類 - 現場指向



[MacOSX] MacでMP3ファイルに変換する方法

OacOSX上で、iTunesを使って音楽CDのデータをMP3に変換する方法。

1) まずは通常どおりの方法でiTunesによって音楽CDを読み込んでおく。

2) iTunes の「iTunes」--「環境設定」メニューを選択する。

3) 環境設定画面が現れるので、画面上部の「一般」を選択する。

4) 「CDをセットした時の動作」欄の右側の「読み込み設定」ボタンを押す。

01.png

5) 読み込み設定画面が現れるので、「読み込み方法」欄を「MP3エンコーダ」に変更する。

02.png

6) OKしてiTunesメイン画面に戻る。

7) MP3に変換したい曲を選択して、右クリックメニューの「MP3バージョンを作成」メニューを選択する。

03.png

8) 選択した曲の上(又は下)に、同じ曲がコピーされ、MP3変換中であるプログレスバーが表示される。

9) 変換が完了するとプログレスバーが消える。これでMP3の出来上がり。
 同じ曲が2行表示されていて、どちらがMP3なのか分からない場合は、右クリックメニューの「情報を見る」メニューを選択して、「種類」欄を見れば良い。MP3に変換された方は種類がMP3になっているはず。

10) できあがったデータファイルは、<ユーザーhome>/Music/iTunes/iTunes Media/Music/Compilations の下あたりに存在するので、好きなところにコピーすれば良い。

11) 作業が完了したら、上記 5) の設定を元の「AACエンコーダ」に戻しておく。

携帯キャリアの詐欺的な言質にはうんざりする

iPhone 3G を使っていたのだが、最近、ソフトバンクからSMSが来た。

実質無償機種変更キャンペーン、だそうな。

iPhone 3G/3GSを使っているヤツは、4/4Sへの機種を「実質無償」で機種変更が
できるという「ご案内」だ。

今回の乗り換えについては、特別に、24ヶ月の割賦代金が残っていてもそれを
新機種の代金として(ごく一部)相殺してやろう、というご提案らしい。


まあ、それは結構なことなのだが、そもそも「実質無料」とかそういった言い方が
ひどく腹立たしい。

もっと誰にでも分かり易い言い方が沢山あるはずなのに、
「可能な限り分かりにくい表現にして、可能な限り買い手を騙そう」
という意図が見え見えだから、だから腹が立つ。



もっと簡単に、こんなふうに表現すればいいと思うのだが、どうだろうか。

1) 端末代金は24分割のローンで支払っていただければOKですよん。
2) ただし、回線を24ヶ月継続して契約し続けてくれれば、
 なんと!! 端末代金はチャラにしちゃる。
3) 途中で解約するんなら、端末代金の残りを払えよヴォケ。

この表現では大して簡単になっていないかもしれないが、少なくとも、
「●●割引」とかそういった表現がなくなっている点で、すっきりして
いると思う。


結局、24ヶ月の回線代金の支払い契約によって、端末を含めて全ての
代金とする、という極めて単純なことになるはず。


月々の回線料金で全ての利益をまかなおうとしているわけなのに、
恩着せがましく「無料」や「割引」といった表現を用いて、買い手に
得でもないものを得であるかのように思わせて契約に持ち込もうという
手法が、実に詐欺的だと思う。

そんなことは分かっている、という人も多いとは思うが、このような
ことがいつまでもまかり通っているのは、どうにも不愉快だ。



うーん。
なんだか、秋葉原のクソ絵画サギと通ずるものを感じてきた。



ちなみに、今回のキャンペーンは、明らかに au 対策なので、(少なくとも
従来より)買い手に有利な条件であるのは分かるんだが。

やはり言い方がおかしいので腹立たしい。

[Android] Eclipse で外部 jar ファイルをプロジェクトから参照する方法

他社の作成した .jar ファイルを、自分のjavaプロジェクトから参照するための設定。
いつも忘れてしまうので、ここにメモしておく。

1) 自プロジェクトのプロパティを開く。
2) プロパティ画面左側ペインで、「Java Build Path」を選択する。
3) 右側ペインの上部のタブ(?)で「Libraries」を選択する。
4) 右側の「Add JARs」ボタンを押して、.jar ファイルを指定する。

これでOK。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。